高圧(一括)受電システム

高圧(一括)受電システム エネシェアプラン
「家計に優しいマンション」を実現

管理組合さま・入居者さまに対し、快適で安価な電力をご提供いたします。

高圧(一括)受電システムとは、集まって住まうというマンションの特徴を活かして、最大限電気料金を安価に抑え、電力をご利用いただくというサービス(当社サービス名:エネシェアプラン)です。

本サービスは、マンションにお住まいの管理組合さま、入居者さまが各戸毎に電力会社と個別契約(低圧契約)を結ぶのではなく、マンション全体で一括して電力会社と契約(高圧契約)を結ぶことによって生まれる単価の差を利用し、管理組合さま、入居者さまから費用を頂戴することなく導入いただけます。

マンションの電気代が下がるイメージ
電気が点灯しているマンションの写真

2005年の【電力自由化(高圧部門)】からスタートした本業界の市場は日々拡大しており、新築、既存マンション合わせた国内の高圧(一括)受電システムの提供戸数は2025年には100万世帯以上(※1)になると見込まれています。

お客さまに愛され、今や、マンション業界のスタンダードとなったサービス、それが「高圧(一括)受電システム エネシェアプラン」です。※1 2015年 株式会社矢野経済研究所調べ

How it works

高圧(一括)受電システムの仕組み

マンション1棟のスケールメリットを活かすことで、お客さまが個別に電気を購入するよりも安価な電気料金でご利用いただけます。

  • 従来の供給方法

    従来の供給方法のイメージ図

    それぞれのお客さまが電力会社と個別に契約をし、低圧電力を利用されています。
    (一般の戸建住宅と同じ契約方法)

  • 高圧(一括)受電システム
    エネシェアプランの供給方法

    高圧(一括)受電システムエネシェアプランの供給方法のイメージ図

    当社が、マンション全体をとりまとめ、電気料金単価の安い高圧電力を一括で契約し、当社受変電設備を介して低圧電力に変電してお客さまへご提供します。

    ※サービス提供に必要な受変電設備等の設置・維持・点検は当社負担で実施します。
    ※定期的にマンション全館停電を伴う保守点検を実施し、安全な設備環境を構築します。

cost 0

導入費用0円

導入に際して、お客さまの費用負担はございません。
個別契約(低圧契約)から一括契約(高圧契約)に変更して生まれる『単価の差』を活用する事で、安価な電気料金でサービスをご提供します。

単価の差・活用の仕組み

単価の差・活用の仕組み